自身に最適な条件に合った施設探し

日本全国に佇む有料老人ホームには、実に沢山の高齢者が生活しています。これだけの数があるので、入居者が希望する条件に合ったところも見つけやすいでしょう。条件付きで検索をすれば、いくつかヒットしますよ。

人気のこだわり条件

no.1

看護体制がしっかりしている

年齢を重ねると、体のあちこちに不調が見られるようになります。また、病気や疾患を抱える入居希望者も多いため、有料老人介護施設でも、24時間体制で看護師を常駐させています。夜間の医療ケアや緊急事態にも即対応できるようにと入居者の家族が条件を提示することが非常に多いです。

no.2

リハビリ施設を完備している

やはり、ご高齢になると足腰が悪くなるので歩行が困難になります。骨折が完治してもリハビリなしでは満足に歩けない可能性があるので有料老人ホームを探す時はリハビリ環境が整っているかをチェックするようです。

no.3

認知症でも受け入れしてくれるかどうか

有料老人ホームを探す上で必ず条件に出すのは、看護体制とリハビリ施設の充実、もう一つは認知症患者の受け入れの有無です。認知症患者の介護は非常に大変なので、少しでも負担を軽くしようと条件に入れるようです。

no.4

駅やバスの最寄り駅付近にある施設

有料老人ホームを選ぶ時に重視するのが施設までのアクセスです。頻繁に通うなら、バスや電車で移動した後徒歩で歩きたくありません。通うにも億劫になるでしょう。なるべく近い方を選ばれる方が多いのはそのためです。

no.5

家族で入居できるところ

やはり二部屋ある有料老人ホームの人気は非常に高いです。浴槽やキッチンがついているので、部屋でお茶を沸かしたりちょっとした料理を振舞うこともできます。家族と入居ができるという理由でよく選ばれていますよ。

施設に入るメリットとは

友達が増える

同じ時代を生きた高齢者が集うので、仲間ができたり仲の良い人ができたりなど、有料同人ホームに入居したことで人生が華やかになった人が大勢います。高齢者の一人暮らしは孤独になりやすいのでいい傾向でしょう。

認知症予防に繋がる

例えば、皆でショッピングモールに出かけたり、外へ散歩に出たりなどこれらの気分転換が認知症予防に繋がります。オリエンテーションでは頭を使うゲームをするなど、刺激的な生活が送れます。

介護の負担が軽くなる

足腰の悪い高齢者や認知症の介護は思っていた以上に大変です。家族も生活のために働きに出ないといけないため、休む時間がありません。有料老人ホームに入居したことで様々な負担がなくなり、家族や入居者も安心快適に生活ができたと感じる人が多いです。

食事が美味しい

入居者の体調に合わせてごはんを作ったり、希望する味付けの通りに調理したりするので食事を美味しくいただくことができます。また、体調面を考慮するあたりも持病や病歴がある高齢者にとって非常に有難いです。

費用面でも安心できる

介護付きの有料老人ホームの利用においては、介護費用が定額制になるため、お金の面でも安心感があります。若干入居費用が高くなりますが、その分ケア内容が充実しているので損はしないでしょう。

人気の有料老人ホームの気になる特徴

男女

ケアプランの作成をする

入居前の審査で「要介護」の診断を受けた場合、あるいは病院でそう言われた時はスタッフ側がその人に合ったケアプランを練ります。また介護相談も無料で行うところもあるので不安を吐露できるでしょう。ケアプランの作成においては、まず自宅や施設での生活を見学し、心身の状態をチェックします。その後に審査を行い、要介護の有無を判断します。ケアプランの作成はその後なので家族も入居者に何か気がかりなことがあれば何でも言いましょう。

デイサービスもある

有料老人ホームが提供するデイサービスは、午前や午後といった具合に時間を自由に決められるのがメリットです。しかし、詳細は施設で違うので入居前に確認をしてください。ほとんとの施設がお客さんの体調と健康状態に合わせてくれるので利用しやすいです。

訪問介護も行っている

24時間365日いつでも対応してくれるのは、高齢者の家族を持つ人にとって頼りになるものです。終末期のケアをはじめ、難病看護なども快く引き受けますから、有料老人ホームに入る時まで気軽に利用できます。

必ず施設に入るわけではない

長年住み慣れた我が家を離れてまで、有料老人ホームに入りたいとは思わない高齢者は結構います。その場合は、有料老人ホームが提供する訪問介護の利用が望ましいでしょう。身の回りの生活をお手伝いする専任のスタッフが掃除、洗濯、買い物、介護など必要に応じて介助します。

施設に入るなら見学しよう

訪問介護や訪問看護が充実している今、無理に有料老人ホームに入居しなくても生活はできます。しかし、それらのサービスが安定して毎日受けられるとは言い切れないため、安心を求めるために前向きに入居を考えることはよくあります。施設に入る前に本人と見学をして、良い環境を提供するところをじっくり探しましょう。

[PR]

有料老人ホームはこちら!
見学に行くことも可能。