健康状態がカギになる

入居費用の金額は、本人の健康状態に左右されることが多々あります。介護が必要なお年寄りだと、健康な人よりは倍かかってくるでしょう。自治体や補助金が下りる可能性もあるため、費用負担もだいぶ軽くなります。

入居にかかる大まかな費用

杖と積み木

有料老人ホームの一時金をチェック

昔は、一時金を取る有料老人ホームが多かったのですが最近は0円で入居できるところがだいぶ増えています。介護付きの有料老人ホームだと一時金はおよそ一億円に及びます。負担がものすごくかかりますが、これが0円になれば入居を前向きに考えられます。ちなみに健康な人を受け入れている有料老人ホームだと費用は数千万円と介護付きよりはお得になります。

グループホームの場合

グループホームだと、有料老人ホームと違い料金はガクンと落ちます。安くて10万円、高くても50万円から100万円程度でしょう。月額料も4万円から20万円なので無理なく暮らせます。

特別養護老人ホームだとより負担が減る

重度の高齢者を受け入れる特養や老人介護保険施設だと入居にかかる費用は実質0円です。月額利用料金も、20万円に達しないので、他の施設よりは良心的だといえます。ただケアハウスに至っては、100万円から200万円の入居金が必要になるほか、利用料も20万円以上になる可能性があります。

介護保険で賄う

有料老人ホームのほとんどについている介護ですが、この部分の負担は介護保険でカバーできます。さらに手厚いサービスを国から受けると入居者が負担するのはその一割程度なので、お金がない時に助かります。

日用品がかかる

有料老人ホームに支払うお金は、食費や住居費、サービス費なので本人が使う歯ブラシやシャンプー、せっけんなどの日用品は自分たちで負担することになります。ただこの辺の出費を管理費との名目で徴収するケースもあります。