デメリットがあることも忘れてはならない

有料老人ホームや住宅型老人ホーム両方に言えることですが、どれも数多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。デメリットがわかれば、入居した時にこんなはずではなかったとならないでしょう。

住宅型老人ホームとの違い

介護士と老人

要介護でも生活スタイルを維持できる

住宅型老人ホームの特徴は、介護が必要な入居者でも快適に生活が送れるよう外部のサービスを有効活用するのが一般的です。よく介護付きの有料老人ホームと比較されやすいですが、近年は住宅型でも要介護者が安心して暮らせるように医療設備を整えているのでどちらに入居しても間違いないでしょう。また利用料金も介護付きより割安ですし、レクリエーションが多めなのも魅力です。デメリットは要介護の人だと長く住み続けることが難しくなること、もう一つは介護サービスの費用が高くなることです。

サービスを自分で選べる

有料老人ホームの場合、すでに決められたサービスしか受けられないため、あえて自由に選べる住宅型有料老人ホームを選択する傾向にあります。施設は高級志向のものや設備の充実性など条件に合わせて選べるため、バリエーションが豊かなのも住宅型の特徴です。ただやはり、緊急時に必要な介護や医療が受けられないのは難点でしょう。

割高になるけど安心できる

サービス面や医療面を考えると、様々なさサービスが受けられる有料老人ホームの方が過ごしやすいと感じます。介護保険と併用ができなかったり自立していても介護費用の負担したりなどネックなところもありますが、安心できる環境で生活するなら、一般的な有料老人ホームを選んだ方がいいでしょう。